審美性を追求

誰もが受けられるわけではない治療もあります

近年、歯を美しくする審美治療を受ける人が増えてきています。歯科は虫歯は入れ歯の治療だけのために通う場所ではないのです。そこで誰もが一度は注目するのがインプラント治療です。抜歯して人工の歯科インプラントを埋めるので歯が見事に生まれ変わるため、高額ながら需要が高まっています。しかし、インプラントを検討するには注意点があります。 歯科でインプラント治療を受けるためには、全身状態が安定している事が大切です。服薬状態などを聞かれたら、必ず正確に回答しましょう。心臓疾患や高血圧症、ぜんそく等の呼吸器疾患、肝臓や腎臓の機能障害があれば、治療できないケースもあります。また、歯周病の患者さんはインプラントの残存率が低下するため、先に歯周病の治療を済ませましょう。

インプラントだけが審美治療ではないのです

インプラント治療を歯科で断られたとしても、審美治療が受けられないというわけではないのです。インプラント以外にも、歯を美しく綺麗にする方法はいくつもあります。たとえば、セラミックを使った治療は審美歯科の代表的な方法です。天然の歯に近い理想的な色と形状を再現できます。自分の歯をなるべく残したい人には、表面を薄く削って理想的な色の人工物を貼りつけるようにして形状も整えられるラミネートべニアという治療もあります。 また、歯を削るまでしたくなかったり低コストで済ませたいというのであれば、ホワイトニングだけでも見た目の美しさは大きく変わります。さらに、自宅でのケアで歯を白くするホームホワイトニングを選べば、より一層リーズナブルに審美治療ができるのです。