インプラントの今後

より負担の少ない方法へ

インプラント治療は、噛み合わせにおける違和感が少なく、見た目にも美しいことから、入れ歯やブリッジに代わる新しいタイプの義歯として普及しつつあります。一方で、インプラントの手術では、顎骨に金属を直接埋め込む処置がとられることから、手術に対する恐怖心を抱く方も少なくありません。 インプラント手術では、歯肉を切開してまずは金属を埋め込みます。従来は一旦は縫合し、金属と骨が結着したのちに再度切開して義歯を取り付けるという二回法と呼ばれる術式が主流でした。しかし、これでは二回切開するという負担がかかるため、一度の切開で仮歯の取り付けまで行う一回法という術式が近年増加傾向にあります。また、手術器具も進化を遂げていて、骨を削る痛みを抑えた器具を使用している歯科医院もあります。先進的な治療を行う歯科医院を選ぶことで、手術の負担を減らすことが可能です。

インプラントに特化した歯科医院選び

インプラント治療は今や多くの歯科医院の看板でも目にするようになりました。課かかりつけの歯科医院をお持ちの方の場合は、まずはかかりつけ医に相談されるとよいでしょう。そのクリニックで対応していない場合でも他のクリニックを紹介してもらえることがあります。 一から歯科医院を探すとなると、ホームページが便利です。インプラント治療に力を入れているクリニックの場合、必ずインプラント治療に関するページがあります。院内設備や術式についても知ることができますし、医師の経歴から保有資格やこれまでの経験を伺い知ることも可能です。急速に普及したこともあって、中には症例数の少ないクリニック・医師もありますので、医師の技術を確認するという意味でも医師の経歴に目を通しておく価値はあります。